にいがた和牛

にいがた和牛について

にいがた和牛の条件

「にいがた和牛」は平成15年9月、新潟県内産和牛の地域銘柄を統一したブランドとして、誕生しました。
これを促進していく組織として「にいがた和牛推進協議会」が設立され活動しています。

「にいがた和牛」の要件は、以下の4項目です。

  • 黒毛和種の去勢牛又は、未経産牛であり血統が明確であるもの。
  • 新潟県内で肥育され最長飼養地が新潟県内であるもの。
  • 枝肉格付等級が「A」または「B」の3等級以上のもの。
  • 家畜個体識別システムにより、生産から出荷までの移動履歴の確認が出来るもの。

「にいがた和牛 村上牛」「にいがた和牛 新発田牛」について
なお、「にいがた和牛」のなかでも、枝肉格付等級が4等級以上であり、村上市、関川村、胎内市で肥育されたものを「にいがた和牛 村上牛」、新発田市で肥育されたものを「にいがた和牛 新発田牛」と認めています。

にいがた和牛の魅力

コクがあり、まろやかな味

要件を満たしたもののみが、産地証明書を発行され、「にいがた和牛」として流通しています。
全国の共励会でも名誉賞を受賞するなど、品質の高さが認められています。

高品質へのこだわり

高品質へのこだわり

「にいがた和牛」は、「全国肉用牛枝肉共励会」において、これまでに最高位の名誉賞を二度獲得しました。
全国最大規模かつ権威あるこの共励会での二度の受賞は、まさに高品質を裏づける証でもあります。
また、複製防止加工された産地証明書により品質と安心が保証され、「にいがた和牛」は流通されています。

安心・安全の新潟育ち

清らかな雪解け水と澄んだ空気。
新潟の自然に囲まれて育った「にいがた和牛」は、安全で安心、上質な味わいが自慢です。
コシヒカリの稲わらなど良質なえさをふんだんに食べています。

肥育名人の存在

肥育名人

日々、牛飼い技術を磨き、愛情込めておいしい牛を育てるにいがた和牛生産者の中でも、特に優れた技術をもつ生産者を「肥育名人(ひいくめいじん)」として認定しています。
3年ごとに要件を審査し認定しており、現在は11人の匠が「にいがた和牛肥育名人」として認定されています。
(認定期間:平成31年4月1日~令和4年3月31日)

肥育名人

渡辺洋一さん

肥育名人  
渡辺洋一
さん(上越市)

私たち肥育農家にできること。
それは、牛を飼うこと。晴れの日も、雨の日も、雪の日も。時には悩み、涙することもある。
それでも365日、精一杯の愛情と技術を込めて牛を育てています。
食べた人が美味しい!と笑顔で喜ぶその瞬間のために。

お祝い事や記念日など特別なハレの日に、ご家族みんながそろう食卓で『にいがた和牛』を食べて頂けたらすごく嬉しいです。
これからも『にいがた和牛肥育名人』の名に恥じぬよう、消費者の皆様へ期待以上のおいしさの『にいがた和牛』をお届けできるよう努力してまいります。